Hydrogen and Hydration Database for Bio-Macromolecules


生体水素水和水データベース(HHDB)は独立行政法人科学技術振興機構(JST)研究情報データベース化事業により日本原子力研究所(JAERI; 現 日本原子力研究開発機構; JAEA)とJSTの共同研究で開発されました。

新着情報

  • 2012-06-21 : インタフェースを変更しました
  • 2010-01-18 : トップページを改装しました
  • 2006-01-25 : Neutron Diffractionデータ DsvD(No.13)のPDBIDを追加しました
  • 2005-10-25 : Hbond Viewerのステレオ表示機能が新しくなりました
  • 2005-10-01 : 日本原子力研究所は核燃料サイクル機構と統合し、日本原子力研究開発機構が誕生しました
  • 2005-08-12 : ページレイアウト及びユーザーインターフェースを変更しました
>> HHDBを開く (Jump to HHDB; English page)<<

お知らせ

HHDBとは?

水素及び水和水を含むタンパク質構造データをデータベース化し、3次元表示を用いた分子構造閲覧機能、各種グラフを用いた統計情報閲覧機能を提供します。HHDBに登録されている水素及び水和水を含むタンパク質構造データは、中性子回折法によって得られる実測データと、X線回折法等によって得られる構造予測を含むデータです。

>> 画面イメージ
>> メンバー情報

HHDBの現状

現在HHDBはより使いやすくなるように再構築中です。そのため、一部以前のHHDBと操作性や機能が異なっている場合がありますが、徐々に解決していく予定です。ご不便をおかけする場合もあるかと思いますがご了承願います。


免責および注意事項

本データベースのシステム及びデータについて、その全部又は一部を問わず、営業目的で利用(改竄、複製、販売など形態のいかんを問わず)する事を禁止します。
本データベースのシステム及びデータを利用した結果生じたいかなる損害にも本データベース及び管理者はその責を負いません。
本データベースを利用した論文等の発表には本データベースの参照を明記して下さい。
本サイトに使用されている文章・画像・データは日本原子力機構及び科学技術振興機構に無断で転載する事を禁止します。
システムのメンテナンス等により予告なくサービスを停止することがあります。